本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > NEWS&EVENTS  > 13人の卒業生講師 ―「キャリアデザインと法学」

13人の卒業生講師 ―「キャリアデザインと法学」

今年度も、社会の一線で活躍する13人の卒業生に、講師として登壇いただきました。


最初の講師、加藤智生さん(中電興業(株)アド・サービス部次長、昭62卒)

法学部では、毎年春学期に、「キャリアデザインと法学」(法律学科・現代社会法学科3・4年生対象)という講義を開講しています。

この講義では、行政や金融など、さまざまな業界・職種の13人の法学部卒業生が講師となり、それぞれの職業について紹介し、実社会で働くことと法学の関わりについて、自らの経験に基づき、後輩である法学部在学生にわかりやすく語ります。

  ※講師とテーマのリストはこちらをご覧ください。
   (法学部同窓会ウェブサイトに移動します。)

受講生は、この講義を通して、自分の適性や法学部での学びを活かせるさまざまな職業について考え、自らの将来の可能性を探究します。

13人目の講師、中野隆史さん(名古屋市消防局消防部特別消防隊消防士長、平21卒)

受講生から以下のような感想が寄せられました。

「数多くの業界の方のお話がきけて参考になりました。」
「様々な職業の情報や実体験を聞けて大変参考になりました。」
「様々な業種についての講義が聞けたので、いろいろな業種があることを改めて感じ、自分のキャリアデザインの幅が増えました。」
「普段聞く機会のない様々な職業に就いている方々のお話が聞けて、就職活動の参考になりました。」
「目指している職種、業種の方が来てくれてとても参考になった。」
「実際に働いている方の話を聞けてとても貴重な体験ができました。
ほんとに履修してよかったです。」
「就職に関して迷っていた時期にこのような機会があったことで、視野がひろがりとても参考になりました。」
「愛知学院大学の卒業生の話を生で聞くことができてよかった。今後自分が就活する際の参考になった。」
「実際の先輩方のお話を聞くことができ将来をより身近に考えることができた。自分の将来をより具体的に考えることができ有益な時間を過ごすことができた。」
「様々な講師の人の授業を聞いてすごく為になった。自分も将来あの方達のように社会に役立つ立派な人間になりたい。」

たいへん多忙な中、後輩のために講師を務めてくださった卒業生の方々に、改めて感謝申し上げます。

  • 本講義は、法学部同窓会の全面的な支援を受けています。法学部は、今年で創設60年。卒業生は2万名を超え、各界で活躍しています。こうした同窓会のネットワークによって、本講義の運営が可能となっています。


Copyright(c) Aichi Gakuin University All Rights Reserved.