本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究  > 法学会

法学会

愛知学院大学法学会についてご紹介します。


愛知学院大学法学会とは

愛知学院大学法学会は、本大学設立の趣旨にのっとり、法学に関する研究発表を通じて学問の水準を維持・向上させるため、社会一般に寄与することを目的としています。

具体的には、愛知学院大学論叢「法学研究」の発行、「学生法律討論会」の主催、「講演会」の主催などを行っています。

 愛知学院大学論叢「法学研究」の目次を掲載しています。

 なお、56巻以降につきましては、図書館情報センターが運営する「愛知学院大学学術紀要データベース」において、発行から一定期間が経過した後に紀要全体を電子化して収録・公開することとなりましたので、お手数ですがそちらをご覧ください(法学研究ページ内にリンクあり)。


毎年、愛知学院大学法学会が主催している、「学生法律討論会」をご紹介します。


毎年、学生法律討論会と同日に、愛知学院大学法学会が主催している、「講演会」の内容をご紹介します。


 これまで『法学研究』に掲載しておりました法学会所属教員の年度ごとの研究業績一覧を、平成26年度分より本ホームページ上にて公開することといたしました。


Copyright(c) Aichi Gakuin University All Rights Reserved.