本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 教員一覧  > 黒野 葉子

黒野 葉子

【氏名】黒野 葉子(くろの ようこ)
【職位】准教授
【専攻】商法


プロフィール

略歴愛知県に生まれる
早稲田大学 法学部卒業
早稲田大学大学院 法学研究科 修士課程 修了
早稲田大学大学院 法学研究科 博士後期課程 単位取得満期退学
2004年4月  東北学院大学 法学部 専任講師
2009年4月  東北学院大学 法学部 准教授
2017年4月  愛知学院大学 法学部 准教授 (~現在)
出身大学・大学院早稲田大学大学院 法学研究科 博士後期課程 単位取得満期退学
取得学位修士(法学)
研究分野会社法
研究テーマ結合企業法制
主要著書〔共著〕
『新版基本問題セミナー1会社法』(成文堂、2005年)[酒巻俊雄、尾崎安央編]
『レクチャー現代会社法』(法律文化社、2009年)[黒田清彦、菊地雄介、受川環大、松岡啓祐、横田尚昌、黒野葉子、吉行幾真]
『レクチャー会社法』(法律文化社、2015年)[菊地雄介、草間秀樹、吉行幾真、菊田秀雄、黒野葉子、横田尚昌]
『ロースクール演習会社法(第4版)』(法学書院、2015年)[中村信男、受川環大編]
『会社法重要判例(第2版)』(成文堂、2016年)[酒巻俊雄、尾崎安央、川島いづみ、中村信男編]
主要論文「オーストラリアにおける子会社債務に対する親会社の責任(一)(二・完)― 子会社支払不能の場合を中心に」(早稲田大学大学院法研論集95号・96号)(2000年)
「グループ構成会社取締役によるグループ利益追求行為と取締役の義務―オーストラリア法を中心に」(早稲田大学大学院法研論集99号)(2001年)
「オーストラリア会社法における子会社債務に対する親会社の責任とその支配要件」(早稲田大学大学院法研論集104号)(2002年)
「組織再編法制における規制緩和と公正性の確保」稲葉威雄・尾崎安央編『改正史から読み解く会社法の論点』(2008年)所収
「上場子会社における少数株主の保護と金融商品取引法」ビジネス法務11巻1号(2011年)
主な担当科目会社法Ⅰ(設立・株式等)A・B/企業組織の運営と法/企業組織の資金調達と法/企業取引決済と法/特殊講義ⅩⅢ・Ⅴ企業法特講/基礎演習Ⅰ・Ⅱ/専門演習Ⅰ・Ⅱ

自己紹介

生まれも育ちも愛知県で、大学進学のために東京に出るまではずっと愛知で暮らしていました。大学4年間、ちょっと一人暮らしを楽しむつもりで愛知を離れましたが、東京で長く学生生活を送り、その後、仙台の大学に赴任することとなり、気が付けば、東京→仙台とずいぶん長い間、地元を離れて過ごしてきました。仙台在住中は、東北各地を訪れ、さまざまな東北の文化や風習に触れることができました。また、東日本大震災の際には、人々の温かさにずいぶん助けられました。2017年度より本学に赴任することとなり、愛知学院大学のみなさんとの新たな出会いを楽しみに、地元愛知に戻ってきました。

講義紹介

主として会社法にかかわる講義を担当しています。会社法は、「会社」という企業組織の「しくみ」について定める法律です。会社法という法律は、大抵は会社を経営した経験も、株主になった経験もないであろう大学生のみなさんにとっては、聞きなれない用語もたくさんあって、なかなかなじみにくいところがあるかもしれません。ですから、授業では、「なぜそのような制度になっているのか」ということを丁寧に説明しながら、また、ときにはいろいろな資料なども用いながら、みなさんに会社法の世界に少しでも興味をもってもらえるような講義を心がけたいと思っています。

2017年度は、会社法を扱う科目としては、「会社法Ⅰ(設立・株式等)A・B」、「企業組織の運営と法」、「企業組織の資金調達と法」、「特殊講義ⅩⅢ 企業法特講」を担当しています。ほかに、銀行振込み、クレジットカード、電子マネー、手形、小切手などといった支払決済手段について法的側面から学習する「企業取引決済と法」という授業も担当しています。

ゼミ紹介

2017年度は、基礎演習Ⅰ、基礎演習Ⅱ、専門演習ⅠⅡを担当します。

基礎演習Ⅰでは、法学部でこれから法学を学ぶ上で必要不可欠な基礎知識や、ゼミ報告に必要な資料収集の方法、レジュメの作り方などを学び、その上で、みなさんにゼミ報告を実践してもらいます。基礎演習Ⅱでは、民事法判例の読み方について学習し、これから先、自分自身で判決文を読んだり、法的な文章を理解したりすることができるようになること、また、「法的な紛争の解決」とはどのようなことかを理解することを目指します。専門演習ⅠⅡでは、会社法に関する最近の裁判例を素材として、現在の経済社会において起きているさまざまな会社法上の問題について深く検討します。 

私がゼミで最も重視することは、「ゼミに主体的に参加すること」です。ゼミは、そこにただ座っているだけでは、あまり意味がありません。「ここの部分がよくわからないから、もう一度わかりやすく説明して欲しい」、そんな「理解しようとする姿勢」を持つだけでも、ただ座っているだけとは大きく違います。とにかく、ゼミにきちんと参加して、自分の頭でよく考え、わからないことは「わからない」と自ら声をあげ、理解できるようになるための努力をする。まずは、そんなことから始めてみましょう。あまり、かしこまらず、思っていること、感じたことを、自由に発言できる雰囲気を作っていきたいと考えています。

Copyright(c) Aichi Gakuin University All Rights Reserved.