本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > ゼミレポート  > 石田倫識ゼミ(刑事訴訟法)

石田倫識ゼミ(刑事訴訟法)

難しい「法」の背後にある、人への優しさを知る。

法律を正しく理解し使いこなすことは簡単ではありませんが、決して一部の専門家にしか理解できないものではありません。そこにあるのは、「一人ひとりの人権を尊重する」という考え方。このことを深く理解できることが、石田ゼミのテーマ「刑事訴訟法」を学ぶ魅力です。刑事訴訟法は、刑事裁判に関するルールを定めた法律。

2010年度の石田ゼミでは実際にあった冤罪事件を取り上げ、第一審から最高裁に到るまでの全ての判決文と、その後の再審請求に関する決定文を資料として読解し、疑問点や矛盾点を洗い出すという作業を行いました。本ゼミにおけるこうした学びの進行は、全て学生主体で行われます。他大学との合同ゼミや懇親会など、企画から実行に至るすべてが学生主導です。こうした中でゼミ生たちはゼミでしかできないさまざまなことに挑戦し、自ら主体的に物事に取り組む姿勢を養います。常識や既存の説を鵜呑みにするのではなく、常に批判的に問い続ける能力を身につけます。

Copyright(c) Aichi Gakuin University All Rights Reserved.