グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  NEWS&EVENTS >  名城公園キャンパスにて、講義の書籍化を記念した池上彰先生のトークショーが開催されました。

名城公園キャンパスにて、講義の書籍化を記念した池上彰先生のトークショーが開催されました。


 2022年4月13日、愛知学院大学名城公園キャンパスアリスタワーにおいて、本学学生を対象とした池上彰先生(本学経済学部特任教授)のトークショーおよびサイン会が行われました。このイベントは、法学部現代社会法学科で開講された2021年度の「ジャーナリズム論」の授業が書籍化され、KADOKAWAから出版されたことを記念して開かれました。

<書籍>
池上彰『何のために伝えるのか? -情報の正しい伝え方・受け取り方-』(KADOKAWA、2022年)

 トークショーでは、経済学部の学生が司会を務め、池上先生とともに、書籍化された授業の受講生がコメンテーターとして登壇しました。まず、池上先生から、ご本業のジャーナリズムについて直接ご講義いただいた所感をいただきました。続いて、受講生から授業の感想が語られ、最後に全員で、授業内容や期末試験、メディアへの接し方、フェイクニュースの問題などについて対談が行われました。また、トークショー後にはサイン会が開かれ、一人一人にお声かけいただきながら、池上先生からサインをいただきました。

 本年度もまた、池上先生のジャーナリズム論の授業が始まりました。本学法学部の学生には、この授業を通じて、公正な視点をもって情報を受け取る力を養ってほしいと思います。池上先生、このたびはお忙しいなか、本学学生のために貴重なお話をいただきありがとうございました!

【関連記事】
2022年2月24日「池上彰特任教授による本学 法学部 講義『ジャーナリズム論』が書籍化されます」(全学ホームページ)

【追記】
下記の記事も、あわせてご覧ください。
<全学ホームページ>
池上彰特任教授によるトークショー&サイン会が開催されました