本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究  > 宗教法制研究所

宗教法制研究所

宗教法制研究所の概要と活動内容をご紹介します。


宗教法制研究所とは

宗教団体や宗教に関する話題がマスコミで取り上げられることは少なくありません。宗教法制研究所は、これら宗教団体や宗教をめぐる諸問題を、もっぱら法律的側面から研究することを目的として設置されている専門研究機関です。

宗教法制研究所は、1958(昭和33)年の開設以来、わが国で数少ない機関の一つとして、ユニークな活動を展開してきました。宗教と宗教法人に関する図書・資料の収集にあたるとともに、日本だけでなく、外国の法令、判例、学説などについて、組織的な研究を行うことが中心となります。

その成果を発表する「宗教法制研究所紀要」はすでに50号を数え、法律専門家や宗教団体関係者の好評を得ています。このほか、学生を対象にした講演会や、所員による法律研究会を開催するなどの活動も行っています。

宗教法制研究所が毎年開催している「講演会」の内容をご紹介します。


宗教法制研究所が毎年開催している「法律研究会」の報告内容をご紹介します。


Copyright(c) Aichi Gakuin University All Rights Reserved.