本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究  > 法学会  > 法学研究  > 26~30巻(1982~1987年)

26~30巻(1982~1987年)

30巻 3・4号 1987年(昭和62年)8月31日

著者表題
利光大一論説イギリス行政法における委任立法の研究(五)・完1~48
梅川正美論説サッチャー政府研究(1)49~76
髙木敬一
山野嘉朗
研究ノート西ドイツの保険会社間協定と事故処理システム77~113
三浦啓司判例研究履行が完了していないポスト・ノーティス命令の効力115~130
服部朗資料若者の交通事故・違反とその周辺(上)
ー学内アンケート調査の結果からー
131~162

30巻 1・2号 1986年(昭和61年)12月31日

著者表題
伊藤英樹論説仏民法・用途上の不動産に関する担保権の競合1~55
黒神聰論説EC法上の「執行文」付与の法的意義(上)
ー欧州共同体の研究(19)ー
57~90
山崎時彦研究ノート「ウィリアム招請状」前後91~118

29巻 3・4号 1986年(昭和61年)9月1日

著者表題
利光大一論説イギリス行政法における委任立法の研究(四)1~47
原田保論説「社会法益」の実体について
ー個人法益への「還元」の試みー
49~72
山野嘉朗翻訳フランスにおけるIDAC協定と実施規程73~104
山口定講演外から見た日本
ー「日本モデル」論の変遷と現状ー
105~127

29巻 1・2号 1985年(昭和60年)12月31日

著者表題
伊藤英樹論説仏民法・不動産化の擬制1~115
利光大一論説イギリス行政法における委任立法の研究(三)117~163

28巻 3・4号 1985年(昭和60年)8月31日

著者表題
利光大一論説イギリス行政法における委任立法の研究(二)1~43
山崎時彦論説ハリファックスと名誉革命成立過程
ージェイムズ二世亡命までー
45~91
黒神聰研究ノート「超国家性」について(その一)93~108
ヨアヒム・ヘルマン
田口守一
翻訳刑事司法の理論的基礎と政策的基礎109~127
森島昭夫講演アジアの環境問題と日本の役割129~160

28巻 1・2号 1985年(昭和60年)3月31日

著者表題
廣瀬隆司論説明治民法施行前における妻の法的地位1~51
渡邉綱吉論説裁判過程論理53~69
梅川正美論説英日社会論考71~98
梅川正美論説自由主義形成期の大衆意識99~146
髙木敬一論説訴訟要件の意義に関する一考察147~177
エーリヒ・ブーフホルツ
山田晟
翻訳ドイツ民主共和国における犯罪の変動および防止について179~197
芦川豊彦判例研究組合「分裂」の法理を導入すべき場合にあたらないとされた事例199~215

27巻 3・4号 1984年(昭和59年)11月30日

著者表題
利光大一論説イギリス行政法における委任立法の研究(一)1~41
山崎時彦論説管理体制と人間
ーオーウェル『1984年』に即してー
43~73
山野嘉朗論説保険金受取人の指定と表示行為の解釈75~101
伊藤英樹
廣瀬隆司
翻訳ゴライ「フランス民法典の日本に及ぼした影響」103~125
渡邉綱吉資料民事紛争解決の方法127~143

27巻 1・2号 1984年(昭和59年)3月31日

著者表題
星川長七論説取締役の競業規制の法理1~16
善家幸敏論説法の構造ー特にその規範構造を中心としてー17~52
中谷光隆論説人的抗弁切断の用件についての一考察
ー交付欠缺ある場合における無重過失の要件をめぐってー
53~77
田口守一研究ノート西ドイツにおける法学教育の実験
ー特にアウグスブルグ・モデルを中心としてー(その3・完)
79~114
原田保判例研究再審開始決定の一事例
ー警察の違法行為に対する抑止および再審と執行猶予との関係ー
115~132

26巻 3・4号 1983年(昭和58年)10月31日

著者表題
加藤一郎記念講演立法と法の解釈1~30
星川長七記念講演改正商法における取締役・監査役31~44
黒神聰論説EC取消訴訟における個人の「訴の利益」と若干の問題
ー欧州共同体の研究(18)ー
(1)欧州石炭鉄鋼共同体ーECSC条約第33条
45~92
山崎時彦論説道徳的改革と服従拒否
ーヘンリ・ソーロウを中心にー
93~125
渡邉綱吉論説民事訴訟制度の目的127~146
北住炯一論説ドイツ第二帝制・プロイセンにおける行政改革と地方行政構造147~224
原田保研究ノート特別公務員暴行陵虐罪および準起訴に関する若干の試論
ー成田闘争東山事件決定を読んでー
225~240

26巻 2号 1983年(昭和58年)1月31日

著者表題
伊藤英樹論説仏営業財産質(2・完)
ー占有移転なき動産担保制度ー
1~60
黒田喜重論説契約目的の到達不能について
ー事情変更の原則をめぐる二・三の問題(一)ー
61~82
善家幸敏論説法と道徳
ー特にその関連性を中心としてー
83~121
山野嘉朗判例研究保険金受取人欄に氏名と続柄「妻」とが併記されている場合における同女離婚後の保険金請求権の帰属123~133

26巻 1号 1982年(昭和57年)9月30日

著者表題
伊藤英樹論説仏営業財産質(1)
ー占有移転なき動産担保制度ー
1~61
宮澤浩一講演刑法学の新しい傾向63~89
田口守一研究ノート西ドイツにおける法学教育の実験
ー特にアウグスブルグ・モデルを中心としてー(その二)
91~119
若原茂判例研究忠魂碑の宗教性の有無と政教分離121~134

Copyright(c) Aichi Gakuin University All Rights Reserved.