本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究  > 法学会  > 法学研究  > 41~45巻(1999~2004年)

41~45巻(1999~2004年)

45巻4号 2004年(平成16年)10月20日

著者表題
梅川正美論説ソーシャル・キャピタルとイギリス社会(1)1~28
梅川正美論説サッチャーの福音主義的政治理論(3完)29~60
梅川正美論説フォークランド・マルビナス戦争論(4)61~88
山野嘉朗論説フランス責任保険契約法の新たな改正動向
ー2003年8月1日の法改正を中心にー
212~236
山野嘉朗研究ノートフランス交通事故法をめぐる最新判例の動向(1)
ー2003年と2004年の判決を中心にー
193~210
山野嘉朗研究ノート医療過誤による先天性障害児の出生と賠償・保障
ーフランスの新立法とその影響ー(その4)
180~192
山野嘉朗外国判例紹介保険契約における故意免責条項の厳格解釈の終焉と復活
ーフランス破毀院判決の最近の動向ー
171~178
山野嘉朗外国判例紹介生命保険約款の受取人条項における指定の解釈
ー内縁の夫の権利ー
162~170
武林悦子学位論文フランス民法におけるSERVITUDES(役権)の研究(1)

45巻3号 2004年(平成16年)3月21日

著者表題
梅川正美論説サッチャーの福音主義的政治理論(2)1~24
梅川正美論説フォークランド・マルビナス戦争論(3)25~49
堅田研一論説古典的政治哲学のもつ現代的意義
ーレオ・シュトラウスと法哲学ー
50~84
桑原昌宏論説クローン固体・ヒト胚と法的規制:カナダと日本を中心にして305~398
桑原昌宏論説The Japanese Law Governing Human Cloning & Life Ethics Ethical and Legal Perspectives Presented to Japanese Government Committees285~304
服部朗論説少年法における「司法」と「福祉」85~146
桑原昌宏翻訳北米ロー・スクールに於けるケース・メソッドとソクラテック・メソッドによる法学教育の現状・課題と実演257~281
原田保判例研究警察官の拳銃発砲につき故意犯成立が肯定された事例
ー尾道警察官発砲事件ー
(最ー小決平11・2・17刑集五三巻二号六四頁)
147~226
山野嘉朗外国判例研究フランスにおける保険約款の曖昧条項と作成者不利の原則(消費者法典L.133-2条)の適用240~246
山野嘉朗外国判例研究保険者免責に関する最近のフランス破毀院判決の動向
ー免責条項の明確性および損害の不正申告に関する事例を中心にー
227~238

45巻1・2号 2003年(平成15年)12月20日

著者表題
梅川正美論説サッチャーの福音主義的政治理論(1)1~21
梅川正美論説フォークランド・マルビナス戦争論(2)23~46
山野嘉朗研究ノートフランス交通事故法の各条項の解釈をめぐる最近の判例動向(6・完)135~150
山野嘉朗研究ノート医療過誤による先天性障害児の出生と賠償・保障
ーフランスの新立法とその影響ー(その3)
121~134
山野嘉朗判例研究高度障害保険金請求権と遺伝子疾患の責任開始期前発症96~120
山野嘉朗判例研究他車運転危険担保特約における「運転中」の意義82~94
山野嘉朗立法紹介医療賠償責任保険に関する最近のフランス保険法典改正について
ー2002年3月4日の法律第2002-303号および2002年12月30日の法律第2002-1577号による改正を中心にー
63~80
稲葉一将紹介ジョナサン・ワインバーグ「アメリカにおけるインターネットのガバナンスと行政法ーICANNとその正当性
ーJonathan Weinberg,Thirtieth Annual Administrative Law Issue Fovernance of the Internet:ICANN and the Problem of Legitimacy, 50 Duke L. J.187(2000)
47~62

44巻4号 2003年(平成15)年8月10日

著者表題
稲葉一将論説日本における放送行政の法構造と課題1~50
梅川正美論説フォークランド・マルビナス戦争論(1)51~77
堅田研一論説脱構築と法律学
ー合法性の暴力と正義ー
79~106
山野嘉朗研究ノートフランス交通事故法の各条項の解釈をめぐる最近の判例動向(5)
ー交通事故法適用の排他性・放火行為と交通事故法の適用その他ー
171~186
山野嘉朗研究ノート医療過誤による先天性障害児の出生と賠償・保障
ーフランスの新立法とその影響ー(その2)
160~170
桑原昌宏翻訳グローバリゼーションの再検討:三つの視点・二つの論点・ロースクールの課題117~158
中谷毅翻訳「DDR版ペレストロイカのマグナーカルタ」107~116

44巻3号 2003年(平成15年)3月20日

著者表題
堅田研一論説コジェーヴ哲学の可能性についての試論
ーコジェーヴ、シュトラウス、デリダー
1~60
原田保論説警察官の武器による防護目的危害付与の違法性阻却61~99
山野嘉朗研究ノートフランス交通事故法の各条項の解釈をめぐる最近の判例動向(4)
ー保険会社による補償金額の申し出と制裁・被用者の責任
127~152
山野嘉朗研究ノート医療過誤による先天性障害児の出生と賠償・保障
ーフランスの新立法とその影響ー
113~126
山野嘉朗立法紹介フランスにおける遺伝子差別禁止立法について
ー2002年3月4日の法律第2002-203号による改正を中心にー
101~112

44巻1・2号 2002年(平成14年)9月20日

著者表題
梅川正美論説サッチャーの帝国論1~16
桑原昌宏論説Japanese Labour Law and Industrial Relations in Reference to Foreigen-owned Companies in Japan221~294
桑原昌宏論説DNAと法的規制(2):カナダと日本を中心とした特許と生命倫理173~220
服部朗論説成長発達権の生成90~172
中谷毅論説統一ドイツにおける安全の変容と揺らぎ
ードイツ人の不安との関連でー
17~46
山野嘉朗研究ノートフランス交通事故法の各条項の解釈をめぐる最近の判例動向(3)
ー自動車の「関与」の意義と適用ー
55~88
梅川正美資料1982年フォークランド・マルヴィナス戦争のタイムライン47~54

43巻3・4号 2002年(平成14年)7月31日

著者表題
梅川正美論説イギリスの新自由主義-サッチャー政府経済政策の検証1~66
原田保論説警察官拳銃使用要件「改正」に関する考察67~100
山野嘉朗研究ノートフランス交通事故法の各条項の解釈をめぐる最近の判例動向(2)
ー「許し難い過失」・「故意による損害招致」・「運転者の過失」の意義と適用ー
131~160
山野嘉朗判例研究交通事故傷害保険における「交通乗用具に搭乗」の意義116~130
山野嘉朗立法紹介2001年12月3日のフランス保険法典改正について
ー生命保険の自殺免責条項および団体生命保険における被保険者の同意ー
102~114

43巻2号 2002年(平成14年)1月20日

著者表題
中谷毅論説ドイツ社会民主党と連邦軍のNATO域外派兵1~53
原田保研究ノート少年犯罪の動向に関する学生の認識状況96~126
山野嘉朗研究ノートフランス交通事故法の各条項の解釈をめぐる最近の判例動向(1)
ー「交通事故」・「運転者」の意義ー
74~94
梅川正美資料イギリスにおける第6回選挙区改正65~72

43巻1号 2002年(平成14年)1月20日

著者表題
臼井豊論説受領使者に交付された書面表示の「到達」について
ーザントマンの所説を中心としてー
1~37
栗田直樹論説山崎釼二と昭和期合法無産運動39~130
原田保論説ストーカー規制法の問題点131~158

42巻3・4号 2001年(平成13年)9月20日

著者表題
桑原昌宏論説Japanese Experiences on Employment Opportunities and Rehabilitation Services for Disabled Workers: Legal Frameworek and Practice76~100
水谷規男論説未決拘禁法に対する国際人権法の影響
ー20世紀末フランスの立法改革を中心にー
1~38
山野嘉朗論説障害児の出生と医師の民事責任
ーフランス破毀院大法廷2000年11月17日判決を機縁としてー
40~74

42巻1・2号 2001年(平成13年)2月28日

著者表題
伊藤弘子論説国際私法における人際法の研究
ーとくにインドの場合ー(3)
1~110
伊藤英樹論説民事得意先利益とその取引可能性111~132
橋爪誠論説環境汚染の渉外法的考察215~232
桑原昌宏論説Japanese Industrial Relations, Labour Law and Government measures After the Burst of the Froth Economy: Revised Version155~214
山野嘉朗外国判例研究疾病保険における免際条項(性的に感染しうる疾病)の明確・限定性の有無145~154
山野嘉朗外国判例研究傷害保険における保険事故の偶然性の立証責任と証明の程度134~144

41巻4号 2000年(平成12年)11月30日

著者表題
伊藤弘子論説国際私法における人際法の研究
ーとくにインドの場合ー(2)
1~93
桑原昌宏論説電磁的データーベース・その他の編集物と著作権
ー日本法とカナダ法ー
136~158
山野嘉朗論説損害保険代理店の義務・責任と賠償責任保険107~134
山野嘉朗論説Nouvelles tendances dans le marche japonais de I'assurance automobile.94~106

41巻3号 2000年(平成12年)7月20日

著者表題
伊藤弘子論説国際私法における人際法の研究
ーとくにインドの場合ー(1)
1~39
栗田直樹研究ノート富士公害と静岡県政
ー竹山祐太郎知事とヘドロの問題ー
41~89
山野嘉朗外国判例研究フランスにおける車両単独事故と被害運転者の補償99~108
山野嘉朗外国判例研究損害賠償額からの人保険金額控除の可否91~98

41巻2号 2000年(平成12年)5月20日

著者表題
浪川正己論説オーストラリア法における取締役の義務と責任をめぐって1~27
南川和範論説ドイツの有限会社における資本維持命令違反の効果
ーBGH, Urt. v. 23. 6. 1997-II ZR 220/95を契機としてー
29~56
桑原昌宏論説職場・キャンパスセクハラと法:日本の判例理論から見た予防策を含めて117~174
中谷光隆研究ノート電子マネーの有価証券性について57~69
山野嘉朗研究ノートフランス交通事故法と多重衝突事故の法的処理
ー最新判例の検討を中心にー
104~116
淡路剛久講演環境法への道案内・私の場合
ー民法から固有の環境法へー
71~94
山野嘉朗外国判例研究事故発生通知義務違反と失権条項適用の可否95~102

41巻1号 1999年(平成11年)11月20日

著者表題
梅川正美論説スコットランドの政治システムとナショナリズム(2完)1~37
渡邉綱吉論説「裁判法学」の課題 二39~84
橋爪誠論説ドイツにおける国際的な子の奪い合いの規整228~252
森島昭夫
宇佐見大司
研究ノート担保物権法の諸問題(上)140~226
渡邉綱吉研究ノート刑法と刑事訴訟法の相互関係
ー刑事裁判法を踏まえてー
85~96
桑原昌宏翻訳「通商の地球化、電子通信教育と大学の国際化-21世紀に向けての戦略」121~138
原田保判例研究走行中の自動車運転者への銃撃が適法とされた事例97~119

Copyright(c) Aichi Gakuin University All Rights Reserved.