本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究  > 法学会  > 法学研究  > 6~10巻(1963~1967年)

6~10巻(1963~1967年)

10巻 2号 1967年(昭和42年)3月25日

著者表題
野津務論説近代法における無体観念の認識1~38
宮崎孝治郎論説合同行為否認論39~82
横山晃一郎論説社会変革と捜査の構造
ー過渡期の東ドイツを素材としてー
83~99
吉井溥論説イギリス法における融通手形101~120
湯浅道男論説時効完成後の債務の承認と時効の援用121~131
黒田喜重論説抵当権設定登記と民法708条133~140

10巻 1号 1967年(昭和42年)1月31日

著者表題
戸澤鐵彦論説プラトンの政治学に関する一見解1~13
霜山精一論説借地権の対抗力について15~19
西本寛一論説取締役の解任21~43
井手成三論説公務員の労働基本権45~63
森田孝論説無体財産創作者の法的保護について65~82
林董一論説名古屋商人の店則83~109
渡邉綱吉論説実体的法規範と訴訟法学との関連111~128
森田孝資料著作権および隣接権に関する法律草案(文部省文化局試案)所見129~172
芦川豊彦資料"Carelessness,Recklessness and Negligence"173~185
板橋郁夫翻訳A・ヴュストホッフ『ドイツ水法概論』(二)187~263
木村健助書評板橋郁夫教授の近著『米国水法研究』について265~273
青木定行判例研究陸上自衛隊採用身体検査実施規則十五条の梅毒血清検査におけるガラス板法による規定は憲法違反である275~285

9巻 2号 1966年(昭和41年)3月31日

著者表題
板橋郁夫論説財産権としての沿岸権(下)
ー米国水法上の一問題ー
1~40
芦川豊彦論説ナーヴァスショックからの損害の賠償責任に関する一考察41~56
仲地哲哉論説規範的構成要件要素と社会的相当性(二・完)57~76
渡邉綱吉論説民事訴訟の原理(一)77~93
利光大一論説イギリス行政法における差止をもとめる訴(三・完)95~114
浪川正己資料オーストラリアにおける統一法典化運動115~138
板橋郁夫翻訳A・ヴュストホッフ『ドイツ水法概論』(一)139~183
湯浅道男判例研究売買契約解除による原状回復義務と保証人の責任185~192
黒田喜重判例研究債務者の適正価格による財産処分と詐害行為の成否193~200

9巻 1号 1966年(昭和41年)2月25日

著者表題
戸澤鐵彦論説プラトンの政治思想(一)1~18
板橋郁夫論説財産権としての沿岸
ー米国水法上の一問題ー権(中)
19~44
林董一論説名古屋商人の形成45~78
善家幸敏論説法と宗教75~100
吉井溥判例研究隠れた取立委任裏書と人的抗弁101~110
湯浅道男判例研究権利執行の原則の適用が否定された事例111~120

8巻 1965年(昭和40年)12月25日

著者表題
霜山精一論説土地の賃借権の譲渡と借地法の改正1~11
小野清一郎論説名誉毀損の罪と公職選挙法による虚偽事項公表の罪13~28
勝本正晃論説権利の善用について
ー著作権上のFair useの理論を機縁としてー
29~59
戸澤鐵彦論説プロレタリアートの独裁と全人民の国家61~77
木村健助論説Pseudonyme(筆名・芸名など)について
ーフランス民法におけるその性格・効果ー
79~99
宮崎孝治郎論説信義則の適用と一般的不作為の訴101~125
西本寛一論説株主総会の招集機関127~149
板橋郁夫論説水の合理的利用の法則について
ー米国水法上の一問題ー
151~191

7巻 2号 1965年(昭和40年)3月25日

著者表題
戸澤鐵彦論説プラトンの先行者の政治思想(四・完)1~17
井手成三論説内閣府の設置構想について19~44
板橋郁夫論説財産権としての沿岸権(上)
ー米国水法上の一問題ー
45~65
吉井溥論説使用人兼務取締役について67~85
利光大一論説イギリス行政法における差止をもとめる訴(二)87~106
板橋郁夫資料私水と沿岸所有者の権利(上)
ーJ.M.Gouldの所説からー
107~126
湯浅道男判例研究共同相続と登記127~136

7巻 1号 1964年(昭和39年)12月25日

著者表題
木村健助論説子の名1~23
戸澤鐵彦論説プラトンの先行者の政治思想(三)25~43
西本寛一論説株式譲渡制限契約45~51
板橋郁夫論説泉・井戸の利用権
ー米国水法上の一問題ー
53~71
浪川正己論説商法二六五条の研究・序説(一)73~82
板橋郁夫資料Riparian Rightsと淡水における漁業権
ーJ.M.Gouldの所説からー
83~96
横田重左衛門書評板橋郁夫・善家幸敏共著『法学』97~100
原田策司判例研究会社の被用者が私用のために会社の自動車を運転する行為と民法715条の「事業の執行」101~108
嶋岡紀代子判例研究認知請求権は放棄することができるか109~117

6巻 2号 1964年(昭和39年)3月25日

著者表題
戸澤鐵彦論説プラトンの先行者の政治思想(二)1~16
板橋郁夫論説地下水利用権について
ー米国水法上の一問題ー
17~31
横山晃一郎論説厳格な証明と自由な証明の区別(二)33~50
仲地哲哉論説規範的構成要件要素と社会的相当性(一)51~69
利光大一論説イギリス行政法における差止をもとめる訴(一)71~90
板橋郁夫資料米国各州におけるRiparian Rightsと波止場の建設権
ーJ.M.Gouldの所説からー
91~104
世良琢磨時論行政許可における判断の範囲105~115
渡邉綱吉判例研究時機に後れて提出した攻撃防禦方法の却下117~124
仲地哲哉判例研究殺人の目的で静脈内に空気を注射する行為と不能犯125~132

6巻 1号 1963年(昭和38年)11月25日

著者表題
戸澤鐵彦論説プラトンの先行者の政治思想(一)1~20
板橋郁夫論説Appropriation Rightsについて(二)
ー米国水法上の一問題ー
21~39
林董一論説寺社領知権の撤廃
ー尾張藩におけるー
41~70
善家幸敏論説法の効力の根拠についての一考察
ー特にその学説を中心としてー
71~94
板橋郁夫資料A・ヴュストホーフ著『ドイツ水法概論』95~111
横山晃一郎時論刑事裁判と「弁護をうける権利」
ー大西克己事件の検討ー
113~125
吉井溥判例研究約束手形の振出と商法第二三五条127~135
仲地哲哉判例研究捜査段階における参考人の隠匿と証憑湮滅罪の成立137~144

Copyright(c) Aichi Gakuin University All Rights Reserved.